樱之华日语

新HSK考试 首页 > 新HSK対策

 
HSKとは
 
   HSKは中国語能力検定試験(汉语水平考试 Hanyu Shuiping Kaoshi)の略称です。 母語が中国語ではない人たち(外国人、華僑、中国国内少数民族を含む)の中国語能力水準を検定するために作られた国家レベルの試験です。 HSK試験は、中国語を母国語としない受験生の生活・勉強や仕事での中国語を使ったコミュニケーション能力を中心的に考査する。
    HSK試験は毎年中国国内と海外で定期的に行われ、試験成績が基準に達した者には、そのレベルに対応した《汉语水平证书》がもらえる。


 
HSK等级

新HSKのそれぞれの等級は《国际汉语能力标准》と《ヨーロッパ言語共通参考標準(CEF)》の対応関係により下表の通り。
 
新HSK 語彙量 言語力
HSK(六級) 5000 HSK(六級)に合格した受験生は聞こえたものや読んだものを楽に理解することができ、口語または文語を使ってスムーズに自分の伝えたいものを表現できる。
HSK(五級) 2500 HSK(五級)に合格した受験生は中国語の新聞や雑誌を読め、映画やドラマを鑑賞でき、ある程度まとまったスピーチをすることができる。
HSK(四級) 1200 HSK(四級)に合格した受験生は中国語で比較的に幅広い領域の話題を持って話すことができ、中国語を母語とする者と比較的にうまく交流ができる。
HSK(三級) 600 HSK(三級)に合格した受験生は中国語を使って生活・学習・仕事など基本的なコミュニケーションができ、中国で旅行するとき、ほとんどの場合コミュニケーションができる。
HSK(二級) 300 HSK(二級)に合格した受験生は中国語でよく使う日常の話題についての簡単な対話ができ、中国語初級のよい水準に達する。
HSK(一級) 150 HSK(一級)に合格した受験生は非常に簡単な中国語の単語や文を理解し使うことができ、コミュニケーションで具体的に必要なことを満たし、中国語をさらに学ぶ能力を備える。

 

HSK対策
HSKヒアリング対策
    HSK高得点を狙うには効果的に学習が必要ですが、 試験受ける前どんな必要な知識を用意することと、心理を整って、 試験形式を理解することと、試験解答のいくつかの裏技を身につけることと、試験の時、 どのように時間を効果的に使う──いわゆる時間の節約術など四つの部分を紹介しています。

HSK文法対策
    出題傾向として、具体的に試験の第一部分と第二部分を別々に試験の形式の紹介、 試験の要求、試験の対策、受験生がよく誤りやすいところのヒント、またその部分の時間節約術も公開され、 特に、よく使われる量詞・介詞・連詞・助詞・副詞の使い方や、形容詞・動詞・名詞の重ね型、語順など中心的に 紹介されています。

HSK読解対策
    HSK試験合格において、試験の出題と合わせて、具体的な指導されたものです。 それは、しっかりした内容で、単語、短文、長文などそれぞれ密度の濃さを軽く解説しているものです。試験の形式、試験の要求、対策、解き方とコツ、誤りやすいところ、 速読、予測と推測など読解の指導、読解の時間の節約術などを紹介されています。

HSK総合穴埋め対策
    「聴解を除く3分野の中で、一番苦手なのものが総合穴埋めだ」という受験生もいます。 そのため、試験の形式、試験の要求、試験対策、誤りやすいところ、語彙と漢字の埋込みを濃い密度で解説 されています。

 


办学许可证号:137020072003590 注册商标号:10925230 官方QQ:1045552399
日语部电话:0532-66889906 中文部电话: 0532-66889907 18561351237
©2008-2013 版权所有青岛樱之华外语培训学校 电子邮件:sakuranohana@yingzhihua.org